脱毛ラボ

どうして自己処理で毛穴の黒ずみが起きてしまうのか?

MENU

どうして自己処理で毛穴の黒ずみが起きてしまうのか?

 

ムダ毛の自己処理でのトラブルの1つに、毛穴の黒ずみがあります。

 

どうして自己処理で、毛穴の黒ずみが起きてしまうのでしょうか?

 

 

シェーバーでムダ毛の処理をするときに、シェーバーがムダ毛をこすることがお肌のストレスとなり、メラニン色素を発生させてしまいます。

 

毛抜きの場合は、抜くときに毛が毛穴の入り口をこすることでストレスになり、メラニン色素を発生させます。

 

このようなことが原因でメラニン色素が定着してしまうことで、毛穴の黒ずみへとなってしまうのです。

 

毛穴の黒ずみは、メラニン色素が外に出れば治るのですが、脱毛の自己処理で何度も繰り返し起こるトラブルなのです。

 

 

では、どうすれば毛穴の黒ずみが起こらなくなるのでしょうか?

 

それは、自己処理をやめることです。

 

 

でも、自己処理をやめるとムダ毛が生えてきてしまうので、なかなかやめられませんよね。

 

そんなときには、脱毛サロンでの脱毛はどうでしょうか?

 

 

脱毛サロンで脱毛を行うことで、徐々にムダ毛が減って自己処理をしなくていいようになります。

 

なので、毛穴の黒ずみをはじめとするお肌のトラブルから解消されるのです。

 

さらには、脱毛によってお肌がキレイになるんですよ。

 

これは、女性にとってうれしいことですよね。

 

 

もしも自己処理をしていて毛穴の黒ずみができてしまっても、新陳代謝することによって黒ずみは解消されていくのでそこまで悩む必要はありません。

 

しかし、自己処理を続けていくと、再度毛穴の黒ずみは発生してしまうので、できれば脱毛サロンで脱毛をしたほうが今後とっても楽になりますね。

 

 

毛穴の黒ずみに悩んでいる方は、脱毛サロンでの脱毛を検討してみるといいでしょう。

 

まずは、無料のカウンセリングを受けてみるのはいかがでしょうか?

 

脱毛サロンで脱毛をすることで、ムダ毛がなくお肌のトラブルもないキレイなお肌にすることができますよ!

 

このページの先頭へ